合宿免許のデメリット


合宿免許はメリットもありデメリットもあります。例えばたった15~17日程度で免許が取得できるというメリットがありますが、デメリットとしてはそれだけの日数、合宿しなければならないということなのです。つまり合宿するということは、仕事や学校などを休むことが必要になります。そのため学生の休みである夏休みや春休みなどは合宿免許は大人気。しかし社会人となって仕事をしている人にとってはいくら魅力的でも、休暇を半月以上とることは難しいと言えるのではないでしょうか。

またみんなフレンドリーな人が多く、みんな友達になれるような雰囲気があります。これもメリットですが、人によってはデメリットにもなるようです。特に人間関係が面倒だという人にとっては、あまりメリットとは言い切れません。しかし多くの場合、個室完備なので自分のペースで生活できるので安心です。

また合宿免許はどこのローカル教習所でも、それぞれの特色があり食事などもおいしいところがたくさんあります。日本海側では新鮮な魚が豊富であったり魅力がいっぱい。そのため食事のおいしいところなどは人気が高く、募集が始まるとすぐに埋まってしまうというところもあります。思ったところに行きたくても、なかなか予約が取れないという場合もあるのです。それもある意味デメリットになるのではないでしょうか。