持参するもの


合宿免許が決まったら、今度は持っていくものなども気になります。まず合宿中に免許を取ることが前提なので、それに必要なものも。まず合宿免許に入校することが必要です。そのためには今住んでいるところの住民票が必要です。取って3ヶ月以内のもので、本籍地まで記載されているものが必要となります。身分証明書として健康保険証やパスポートが必要です。転居などで住所が変わった場合は入校手続きの前に住所変更をしておきましょう。他に印鑑はスタンプ式は使えません。もちろん、合宿所に行く前にしっかり持ち物は確かめておくことも大切です。

次に合宿免許に参加するときには、運転しやすい服装にしましょう。靴は踵の低いものを準備し、ハイヒールやサンダルを避けます。ミニスカートなどは避けてジーンズやパンツなどがおすすめです。また洗面道具やドライヤー、ムースなど自分で使うものは忘れずに持参しましょう。またコンタクトの人でもめがねは一応持っていきます。自動二輪の免許の場合はヘルメットやグローブなども必要です。

ただし合宿免許が決まったら、まずそこに連絡をして、ドライヤーなどはそちらに準備されていれば持っていく必要はないでしょう。それぞれの教習所によって違うので、決まった教習所では何が必要で何がいらないのか、チェックすると荷物も多くならずに必要最低限の持ち物で済みます。